『口臭の強さに体質は関係ある?』

JUGEMテーマ:歯の健康
 
A.舌苔のつきやすさや歯周病のかかりやすさは体質も関係します。

 生まれつき口臭が強い、あるいは弱いといった意味で、体質が影響することはないと考えられます。しかし、口臭の二大原因である舌苔と歯周病に関しては、つきやすい、あるいはかかりやすい体質があります。
 舌苔は、新陳代謝ではがれ落ちた粘膜の上皮細胞がもとになっているので、新陳代謝が活発な人は舌苔がつきやすいといえるかもしれません。また、口の中の細菌の種類は家族で似ており、親が歯周病なら子も歯周病原因菌をもっている可能性が高くなります。
 家族間では食習慣も引き継がれやすいものです。ニンニクやタマネギに含まれるシステインや豆類に多いメチオニンは、硫黄系アミノ酸といって、口臭の原因になる成分です。
| HOME | 医院・院長紹介ママさんデー | アクセスマップ | 歯医者さんのウラ話 |
関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2011/08/15 5:51 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2011/08/11 9:22 PM

カテゴリ

記事検索

携帯サイト

qrcode

 

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

最新記事

過去ログ

recent comment

recent trackback

管理